若竹保育園

ひばり組お泊り保育(縮小)について


令和2年7月17日
ひばり組保護者の皆様


 平素、当園の保育活動にご協力いただきましてありがとうございます。また、新型コロナウィルス感染拡大防止へのご協力ありがとうございます。
 新型コロナウィルス感染防止については日頃より、できる限りの対応を図っているところです。しかし、千葉県の発症者をみますと、先日(15日(水))緊急事態宣言解除後最多の発症者数となり、県内休業再要請指標の10人を超え29名となりました。3月からの発生状況(発生グラフ)を見ますと、第2派の流行の兆しが見られ、ますます気を付けていかなくてはならない状況だと考えております。政府としては、緊急事態宣言は出さない考えから、今後は県、市区町村、および事業所単位での自粛の判断を行わない限り、感染者数の増加は防げないと考えております。
そこで、誠に勝手ながら、再来週(31日)に予定しておりましたひばり組お泊り保育につきまして、感染の状況を考慮し、宿泊は行わないようにしたことをお知らせいたします。誠に申し訳ありません。
ただし、特別保育として、夜までは保育園で過ごして宝探しをしたり、みんなで夕食を食べたり、花火を観賞したりしながら保育園で過ごす特別な日になるよう検討をしております。※感染防止のため、宿泊は行わず(密接を避けるためシャワーにも入りません)、当日のお迎えをお願いすることになります。予めご了承ください。
めったに体験できない保育園で迎える夜を楽しめるよう努めていきます。スケジュール等、詳細は追ってクラスからご連絡いたします。
このような対応で、お子様はもちろん保護者の皆様におかれましても残念な思いをさせてしまい申し訳なく思います。しかし、感染した場合生じる危険度や皆様の無念の思い、生活のご不便を考慮し、このような慎重な対応とさせていただきます。ご理解ご協力よろしくお願い申し上げます。

若竹保育園
園長 山﨑竜二